地図を表示する 地図を閉じる 

インプラントの基礎知識

歯を残すための手段を八方尽くしても残せなかった時にインプラントを行うものだと考えています


横浜桜木町歯科

神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1
クロスゲート7F
メールでのお問い合わせ
 

休診日

祝日
矯正歯科定休日は、毎週月曜

矯正カレンダーは下記をご覧下さい

インプラント治療とは

インプラント=Implant とは、本来「移植」や「埋入」といった意味があり、医療の分野では体内に埋め込まれる人工物の総称として用いられる言葉です。従って人工関節やペースメーカーなどもインプラントに含まれますが、歯科分野においては顎の骨に埋め込む人工の歯根(主にチタン製)も一種のインプラントで、正確には歯科インプラント、デンタルインプラントなどと呼んでいます。

歯周病や齲蝕(むし歯)、あるいは事故などさまざまな原因で歯を失ってしまった場合、基本的には何らかの方法でその部分を補ってあげる必要があります。一昔前まではブリッジや入れ歯といった手段しかなかったものが、インプラントの登場により健康な歯を削らず、違和感や異物感も最小限に抑えて歯の喪失を補えるようになりました。またブリッジや入れ歯に比べてしっかりと咬めるようになることもインプラント治療の魅力です。

インプラントの歴史

人工物を顎の骨に埋めて歯の代わりにする、という意味では古代ギリシャやインカ帝国などでそういった記述や出 土品が確認されているため、歯科インプラントの歴史は非常に古いといえます。近代になってからも金やコバルトク ロム合金など様々な材質による歯科インプラントへの応用が試行錯誤されたようですが、どれも確実な方法として定 着することはありませんでした。

1952年にスウェーデンの整形外科医ブローネマルク医師が、研究の際に兎の骨とチタン製の道具がなかなか外せない事をきっかけに、チタンと骨が強固に結合する「オッセオインテグレーション;osseointegration」という現象を発見し、これが歯科インプラント界の基本を支えることとなります。


オッセオインテグレーションの発見以来、これを用いたインプラントを臨床応用する研究がなされ、1965年に初 の臨床応用が施術されました。その後も、各社により様々な形状、表面処理、手術システムが導入され現代では100 社近いメーカーにより数千種類のインプラントが提供され、ブリッジや義歯に変わる新しい治療法として日々進歩し ています。


下記のボタンをクリックで各インプラント治療ページへにジャンプします。

関連サイト


▲ ページ先頭へ
Copyright (C) Yokohama SakuragiCho Dental All Rights Reserved.