地図を表示する 地図を閉じる 

歯周病とは

歯周病で歯がグラグラになってからでは抜歯の可能性が高いので、今まで虫歯がなく歯科から遠ざかっていた方も定期的な検診が重要です。


横浜桜木町歯科

神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1
クロスゲート7F
メールでのお問い合わせ
 

休診日

祝日
矯正歯科定休日は、毎週月曜

矯正カレンダーは下記をご覧下さい

歯周病について

歯を支える歯周組織に炎症が生じる事により歯を支える骨や線維が壊れた状態

遺伝性の特殊な疾患などを除いて、この「炎症」の原因は磨き残し=プラークにあります。些細な事に感じるかもしれませんが、人は毎日食事をするわけで、その度に磨き残しがあればやがて細菌が繁殖し、炎症が生じてしまいます。少し難しい話になりますが、この炎症が歯茎にとどまっているうち(=歯肉炎)は、磨き残しを取り除いてやることですぐに健康な歯茎に回復します。
しかしこれを放置すると、やがて歯茎の中で歯を支えてくれている線維が破壊されてしまい、これをもって歯周炎に進行したということになります。炎症が進行するにつれて、やがて歯を支える骨も炎症から逃げるために下へ下へと吸収してしまいます。失われた線維や骨を元に戻すのは困難ですが、歯周病治療によって汚れを取り除き、お口の中の環境を改善していくことで、それ以上の進行をくいとめることができます。
歯周病ははじめのうちは自覚症状(痛みなど)がなく進行し、やがて歯が抜けてしまう病気ですので、今まで虫歯がなく歯科から遠ざかっていた方も、大人になったらまずは歯周病の定期検診に行くようにしましょう。

1. 軽度の歯周病の場合

軽度の場合、基本的には患者様自信によるセルフケア(毎日の歯磨き)を改善することで歯茎がひきしまり、状態が良くなります。セルフケアと併行して病院で歯石の除去を行うことにより、お口の中の環境を改善していくことが大切です。磨き残しが歯石になってしまうと、ご自身で取ることはできません。最初から歯磨きが上手な方もいますが、セルフケアと言っても、やはりプロ(歯科医師や、歯科衛生士)に習った方が早く上達します。歯周病の初期治療では歯磨き指導も大切です。

2. 中等度以上の歯周病の場合

中等度~重度の場合、セルフケアや一般的な歯石の除去だけでは改善が困難です。場合によっては歯茎を切開し、深い位置にある歯石を除去する必要があります。また、あまりにも重度の場合は抜歯が最善の治療となることもあります。保存が不可能である歯をやみくもに残しても、痛みや感染の元となり残せるはずの隣の歯まで抜歯が必要となってしまうことを防ぐためです。

3. 再生治療

歯周病で失われてしまった歯槽骨を元に戻す(再生する)のは難しいことですが、当院では特殊な膜を用いたり、歯周組織の再構築を誘導するような物質を用いて、壊れてしまった組織を再生しようという試みも行っています。

再生治療には、

・骨が失われた部位に骨が再生する

・それにより歯の安定が回復する

・歯周組織の回復により自分の歯を残すことができる

といったメリットがあり、大変素晴らしい治療法ですが、どんな歯にもこの処置を行うことができるわけではありません。まずは検査をして、歯や周りの組織の状態を確認し、可能であればご提案させていただきます。

4. 歯周形成手術

歯周形成手術とは、歯茎の量や厚みを手術によりコントロールすることによって、歯茎がずっと健康な状態でいられるようにし、審美的に良好な状態を獲得する治療法です。

例えば、

・1か所、あるいは数か所だけ歯の根っこが見えている

・左右で歯茎のラインが違って、笑うと目立つ

といった場合には、下がってしまった歯茎に他の場所から組織を移植することで審美的に回復する方法がとられます。
他にも、かぶせ物をする前の準備として歯周外科治療を提案することがあります。被せものと歯周形成手術と併用することで、歯と歯茎の関係を適正にでき、より精密な妥協の無い治療が可能となります。

下記の症状がある方は、検査を受けることをおすすめします

・歯茎が腫れている

・歯茎から出血している

・歯茎が後退している

・口臭がある

・歯がぐらぐらする

当院では、マウスピース矯正での治療が計画通りに進行しなかった場合でも、経験豊富な矯正医が治療を担当しますので、他の矯正治療法で歯並び治療することができます。
横浜桜木町歯科では無料のカウンセリングを行っております。マイクロスコープやCTによる3D画像で今の歯の健康状態を確認、精密歯周病治療の説明のほか、治療費用やスケジュールのご説明を致します。
 


募集要項
歯科衛生士 求人

(ただいま募集は行っておりません)

助手・受付 求人

(ただいま募集は行っておりません)

関連サイト

東京 歯科求人
▲ ページ先頭へ
Copyright (C) Yokohama SakuragiCho Dental All Rights Reserved.