インプラントの基礎知識・用語集

歯科インプラント

インプラント=Implant とは、本来「移植」や「埋入」といった意味があり、医療の分野では体内に埋め込まれる人工物の総称として用いられる言葉です。従って人工関節やペースメーカーなどもインプラントに含まれますが、歯科分野においては顎の骨に埋め込む人工の歯根(主にチタン製)も一種のインプラントで、正確には歯科インプラント、デンタルインプラントなどと呼んでいます。

歯周病や齲蝕(むし歯)、あるいは事故などさまざまな原因で歯を失ってしまった場合、基本的には何らかの方法でその部分を補ってあげる必要があります。一昔前まではブリッジや入れ歯といった手段しかなかったものが、インプラントの登場により健康な歯を削らず、違和感や異物感も最小限に抑えて歯の喪失を補えるようになりました。またブリッジや入れ歯に比べてしっかりと咬めるようになることもインプラント治療の魅力です。

インプラント手術

ブリッジ手術

インプラントの歴史

人工物を顎の骨に埋めて歯の代わりにする、という意味では古代ギリシャやインカ帝国などでそういった記述や出土品が確認されているため、歯科インプラントの歴史は非常に古いといえます。近代になってからも金やコバルトクロム合金など様々な材質による歯科インプラントへの応用が試行錯誤されたようですが、どれも確実な方法として定着することはありませんでした。

1952年にスウェーデンの整形外科医ブローネマルク医師が、研究の際に兎の骨とチタン製の道具がなかなか外せない事をきっかけに、チタンと骨が強固に結合する「オッセオインテグレーション(Osseointegration)」という現象を発見し、これが歯科インプラント界の基本を支えることとなります。

オッセオインテグレーションの発見以来、これを用いたインプラントを臨床応用する研究がなされ、1965年に初の臨床応用が施術されました。その後も、各社により様々な形状、表面処理、手術システムが導入され現代では100社近いメーカーにより数千種類のインプラントが提供され、ブリッジや義歯に変わる新しい治療法として日々進歩しています。

インプラント用語集

アクセスホール

被せ物の固定方式がスクリューリテインの場合、被せ物とフィクスチャーを固定するネジにアクセスするため、被せ物に設けられた穴のこと。

アバットメント

実際に骨の中に埋入されているインプラント(フィクスチャー)と被せ物をつなぐ部分。

インターナル・コネクション

フィクスチャーとアバットメントの接合方式のひとつ。フィクスチャー側が凹となっており、ここにアバットメントの回転防止機構が設けられている。

インプラント周囲炎

インプラントの周囲にある組織に炎症が起きた病態。

エクスターナル・コネクション

フィクスチャーとアバットメントの接合方式のひとつ。フィクスチャー側が凸となっており、ここにアバットメントの回転防止機構が設けられている。

オッセオインテグレーション

チタンと骨とが、非常に微小なレベルで結合する現象。

カスタムアバットメント

アバットメントの一種で、既製品と異なりフィクスチャーに対して自由に角度をつけた土台を設定することができます。

サイナスリフト

上顎洞底挙上術のこと。上の顎の奥歯では、根の先端が副鼻腔のひとつである上顎洞の底すれすれの場合があります。このような部位にインプラントを予定する際、この上顎洞の底上げをすることによりインプラントが貫通してしまうことを防止します。基本的には骨の頬側に穴をあけ、目視下で上顎洞の底に人工骨などを補填することになります。

サイナスソケットリフト

サイナスリフトが骨に穴をあけて目視下で作業するのに対し、サイナスソケットリフトはインプラントを埋入する部位のみに特殊な器具を使って盲目的に人工骨を補填します。侵襲は少ないですが、挙上する量が少量の場合に適応となります。

上部構造

インプラントの上に装着されるもの、即ち、アバットメント(土台)と被せ物のことをさします。

スクリューリテイン

上部構造をフィクスチャーに固定する方式のひとつです。アバットメントと被せ物は一体となり、ねじでフィクスチャーに固定されます。

セメンティング

上部構造をフィクスチャーに固定する方式のひとつです。アバットメントと被せ物は別々で、アバットメントのみがねじでフィクスチャーに固定され、その上にセメントで被せ物が固定されます。この場合アクセスホールはありません。

即時負荷

通常はインプラント埋入後、数か月経過をみて骨とインプラントの結合を待ちますが、症例によりインプラント埋入当日に上部構造と仮歯を装着し、即時に機能させることがあります。

ソフトティッシュインテグレーション

今までは骨としか結合しなかったインプラントが、表面処理の性状により軟組織と結合すること。

コメントは受け付けていません。