こどもの矯正歯科治療

kids

こども(混合歯列期)の矯正治療:1期治療

治療コンセプト「負担のない効率的な治療を」

混合歯列期とは、永久歯と乳歯が混在している状態で、およそ6歳~12歳ごろのことを言います

横浜桜木町歯科では、こどもの矯正治療については、今の状態で放置することによって、さらに悪くなるようなことがあれば手を付けて改善するようにしています。
小学生の時点で全体的なマルチブラケット装置をつけることはまれです。理由として、混合歯列期に装置をつけても結局は永久歯に全て交換するまで装置をつけたまま待つことになり、歯磨きのしにくい装置を長期にわたってつけることで、永久歯が虫歯になったり、歯根が完成していない永久歯の負担が大きくなり歯の根が湾曲したり短くなることがあるからです。
また、混合歯列期で中途半端に生えている永久歯を無理に並べてしまうと、後から生えてくる永久歯のスペースを奪う形になり、結果的に後から永久歯がもぐったままで出て来られなくなる(埋伏)、極端に歯列から外れた位置にはえることになる可能性もあります。 さらに、小学生後半~中学生にかけて思春期性成長を迎え、身長が大きく延びる時期には、顎の骨も大きく成長します。上下の顎の成長時期にはずれがあり、また、思春期性成長の前にやみくもに永久歯を並べ始めることで、下手をすると最終的に歯を並べる位置が顎(土台)の成長とおいかけっこになり治療がうまくいかなくなる可能性が出てきます。これも、骨格の成長パターンおよび成長段階を解析することによって、様々なリスクを回避しながら最適な治療開始時期をご提案致します。 ご両親が心配されて来院した時にそのまま手を付け治療を開始することが、お子様の長い人生にとってメリットがあることとは必ずしも言えないのです。

では、いつはじめたらいいの?

まずは、永久歯が生えた時点で一度歯並びを確認させていただけると安心です。乳歯列でも、診療台にすわれるようであれば、一度みせていただければと思います。先述の理由から、やみくもに、始めた方が良いと提案することはありません。見た目の歯並びだけでなく、必要であれば永久歯の数などもレントゲンで確認させていただきます。

特に問題ないようであれば、3~6ヶ月に一度、定期観察にいらしていただくと安心です。歯の生え変わりをチェックするとともに、虫歯になりにくい環境づくりをお手伝い致します。クリーニングや、フッ素塗布、プラークを赤く染め出した歯磨き練習や仕上げ磨きの指導など、最終的な矯正治療に支障がないように健康な歯の生え変わりをサポート致します。また、虫歯になったとしても一般歯科のドクターも在籍しておりますので治療を一緒に行うことが可能です。

特に問題がないようであれば、当院では顎の骨の成長が落ち着き、永久歯に全て生え変わった時期にご希望であれば最終的な装置をつけ、効率的に歯並びを治す治療をおこなっております。

詳しくは大人の矯正治療:2期治療で

矯正治療の流れ(混合歯列)

矯正治療の流れ(混合歯列)

大人の矯正治療の優遇

治療が必要な例

症状によっては、早めに治療を始めた方がより良い場合もあります。最適な治療の開始時期は、お一人お一人異なります。初診のカウンセリングは無料ですので、まずは症状を拝見させて頂ければと思います。

歯の生え変わりをサポートする治療

① 乳歯の早期喪失

乳歯が虫歯などによって早期になくなった場合、あるいは永久歯が生まれつきない場合、後ろの永久歯が前方に倒れ込んできて永久歯の生えるスペースを奪うことがあります。そのような場合は、スペース確保を行う装置を選択します。

② 埋伏歯の牽引

何らかの理由(萌出方向や過剰歯)で永久歯が出て来れなくなった場合に、開窓、牽引を行います。

③ 過剰歯の抜歯

時々、余分な歯が埋まっていることがあり、位置や生える方向によっては抜歯が必要なことがあります。

顎の成長発育を変える治療

そのままにしておくと顎骨がずれたまま成長してしまう場合や、年齢の割に明らかに顎骨の発達が悪く成長を促進させる必要がある場合などです。
こどもの矯正治療で大事なことは、上下の顎の骨の成長に大きく差がある場合、あるいは骨格的に非対称の程度が大きく、その原因が歯列にあり、そのままにしておくと顎骨がずれて成長してしまう場合、その発育の軌道修正を行う必要があるということです。例えば、上あごの前方への成長が極端に少なく、下あごの発達が盛んな場合、将来骨格性の受け口になる可能性が出てきます。受け口の程度によっては、将来歯だけでかみ合わせをなおすことができない場合もでてきます。
そのような場合は、大人になってから外科手術(骨切り)を含めた矯正治療が必要になってきてしまいます。全身麻酔で行う治療ですので、それなりにリスクがあります。外科矯正を全て否定するつもりはないですが、やはり親御さんとしてはそういったリスクはできるだけ回避したいところですよね。そのような場合、寝ている間に使う装置で上あごの成長を促進する治療があります。

上あごを前方に成長促進したことで、見た目(横顔)が、受容できる範囲であれば、手術自体回避できる可能性もあります。手術が回避できれば良いのですが、結果的に下あごが大きく成長して手術を選択することになったとしても、下あごのみの手術で済み、上下の顎の手術を回避することができたとしたら、メリットは大きいと思います。
そういった意味で、ある程度ご本人が頑張る必要のある装置については、将来的にメリットのある治療をご提案させていただきます。成長発育を変える治療については骨の縫合部での成長を促進する治療法を選択しております。側方への拡大については、特に下顎骨の拡大については根拠に乏しいと考えております。

要注意 拡大床矯正の限界

来院される患者様の中には、矯正の知識があまりないのではないかと思われる歯科医師が、やみくもに取り外し式の装置を上下用に渡して歯列を拡大し、あげくに最終的に抜歯を提案された、という患者様がいらっしゃいます。やはり、顎と歯の大きさの不調和というのは、物理的にどうしようもない側面があります。

明らかに抜歯の可能性が高いと思われる症例で、歯を抜かないでできると期待させながら装置を渡して数年にわたり毎日何時間もつけさせるという診療姿勢は、理解に苦しみます。何が何でも抜歯をすればいいわけでは当然ないですが、やはり、顎と歯の大きさに不調和がある場合、生理的に無理な位置に歯は移動すべきではないと考えます。

CT

当院はCTも完備し、必要な症例についてはきちんと撮影を行っております。全て矯正専門の医師に任せなければならない、ということはないと思いますが、大学病院などでしっかり矯正の基礎を勉強した歯科医師の監督のもとで治療を行う病院のほうが良いと考えます。
また、矯正医が月に数日治療にくるだけの診療スタイルでは、急患対応などについてもカバーできる範囲が限られます。当院では専門のトレーニングを受けた矯正医が複数在籍、常勤し、偏った治療にならないよう、常に症例を検討しながら治療を行っております。

マウスピース矯正の注意事項(リスク・副作用など)

  • 口腔内、歯並びの状態によっては対応できない場合があります。
  • マウスピース型矯正装置の長時間装着が必須です。
  • 治療計画通りに進めるためには、患者様の意志が重要になります。
  • 矯正治療後の保定が不十分だと後戻り(元の位置に戻ろうとする動き)をします。
  • 自費診療(保険適用外治療)となります。
▲ページ先頭へ

24時間受付 Web申し込み

無料カウンセリング予約

無料の個別相談(予約制)を実施しております

初回予約専用フリーダイヤル
0120-118-041

平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00

※ お電話での治療に関するご相談は、ドクターによる対応ができないためお受けできません