地図を表示する 地図を閉じる 

矯正医による矯正コラム

八重歯の犬歯による歯周病の進行について


横浜桜木町歯科

神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1
クロスゲート7F
メールでのお問い合わせ
 

休診日

祝日
矯正歯科定休日は、毎週月曜

矯正カレンダーは下記をご覧下さい


下記のボタンをクリックで各矯正治療ページへにジャンプします。

横浜桜木町歯科ホーム > 矯正医による矯正コラム > 八重歯と歯周病

八重歯と歯周病

虫歯や歯肉退縮のリスク

八重歯は歯列から外れているため、中学生・高校生の時点で歯ブラシが苦手ですと、届かずに初期虫歯になることもあります。大人ではお手入れを頑張っていても、飛び出ているために逆に強く歯ブラシが当たりすぎて、歯肉退縮といって、歯茎が痩せてしまい、歯根が露出して知覚過敏などの症状が出ることもあります。
八重歯の犬歯は位置的に歯列から外れて外側に飛び出しているため、表側の歯根を覆っている骨がもともと少ないので歯肉退縮し、歯根が露出しやすいとも言えます。

長期的にはどうなの? 歯周病が局所的に進むことがあります

きつい八重歯ですと、犬歯を含め歯が3角形に近接しているため、なかなかその向かい合った、挟まれた部分は物理的に完全には磨くことができないことが多いです。
虫歯にはならなくとも、犬歯と、その内側の2本合わせて3本とも歯周病が長い時間をかけて局所的に大きく進行する場合がありますので注意が必要です。

当院でも、中高年の方で20年以上ぶりに歯医者に来てみたが、実際にレントゲンをとると八重歯周囲に局所的に歯周病が進行していて3本ともグラグラで残せないということがあります。
八重歯の部分周囲の歯がグラついて出血があるとのことで来院されました。20年以上来なかった理由として、歯医者があまり好きではなく、お手入れをご自身なりに頑張っているため、虫歯もないので痛みがなく、長年歯科にかからなかったという方でした。このような方が時々いらっしゃいます。

頑張って歯医者に来たのに、歯周病で残せないとお伝えするときが非常にこちらもつらいです。
歯周病が進行してしまうと、歯を支える骨がなくなってしまうため、被せ物も、矯正治療も、インプラント治療もできなくなってしまいます。最悪部分入れ歯にするとしてもグラグラの歯を支えにすることができません。

つまり、何をするにも、歯周病が進行していると、それがネックになるため、自覚症状がなく進行する歯周病は、つくづく恐ろしい病気だなと考えさせられます。ですので、強調しておきたいのは、虫歯にはならなくても、歯周病になるということです。矯正治療をされなくても、定期的な検診は、面倒かもしれませんが大変価値のあることです。
当院はそういった意味で歯周病の治療に力をいれていますので、特に困っていることがなくとも、一度状態を把握するためにぜひご相談ください。

歯を支える骨の高さを知るには定期的なレントゲン撮影が不可欠です。定期的に通っていても、超音波で簡単に表面の歯石をとるだけでは歯周病の診断はできませんので注意していただきたいと思います。

話がすこし逸れましたが、結論として、八重歯の治療により、物理的に歯ブラシが届かない歯並びを治すことで、きちんとお手入れができるようになり、将来的に歯を長持ちさせる可能性が高まるのです。



下記のボタンをクリックで各矯正治療ページへにジャンプします。

横浜桜木町歯科ホーム > 矯正医による矯正コラム > 八重歯と歯周病



募集要項
歯科衛生士 求人

(ただいま募集は行っておりません)

助手・受付 求人

(ただいま募集は行っておりません)

関連サイト

東京 歯科求人
▲ ページ先頭へ
Copyright (C) Yokohama SakuragiCho Dental All Rights Reserved.