地図を表示する 地図を閉じる 

矯正医による矯正コラム

美容歯科と矯正歯科(矯正歯科治療と被せ物の治療)の違いについて解説しています。


横浜桜木町歯科

神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1
クロスゲート7F
メールでのお問い合わせ
 

休診日

祝日
矯正歯科定休日は、毎週月曜

矯正カレンダーは下記をご覧下さい


下記のボタンをクリックで各矯正治療ページへにジャンプします。

横浜桜木町歯科ホーム > 矯正医による矯正コラム > 審美歯科と矯正歯科

審美歯科と矯正歯科

矯正歯科治療と被せ物の治療の違い

美容歯科の広告などでは、歯を移動させずに被せ物で対応する治療を「クイック矯正」「セラミック矯正」などと「矯正」をうたっているのをよく目にします。
その「矯正」は、ご自身の歯を削らずに移動させて並べる本格矯正治療とは、まったく別なものです。歯の位置はそのままで、被せ物できれいな歯並びに見えるようにする治療です。

美容歯科の利点としては、治療期間が短いことがあります。一般的に被せ物だけでの治療では、矯正治療と比較しますと仕上がりが元の歯の位置の影響を強く受けますので、仕上がりに限界が生じます。

無理に被せ物だけで対応しようとすると、本来の歯の向きや角度を無視した被せ物になるため、被せ物の歯の神経をとらなければならないことが多いです。
特に、八重歯がきつい場合、被せ物で下に下ろすことができないため、不自然な長い歯になります。場合によっては前歯や大事な犬歯を抜いてブリッジにしてしまうこともあるようです。

歯の神経をとると、植物の木で例えると「枯れ木」のような状態になります。どうしても、経年的に歯がもろくなります。
神経をとった歯に、歯の根とあまりにも角度が違う被せ物をすると、力がかかったときに、その「くの字」の部分に負担がかかり、さらに折れやすくなります。将来歯が折れてしまうと、保存できず、抜歯せざるを得ないことがほとんどです。
虫歯のない健康な歯の神経をとってしまうというのは、歯にとって望ましい治療とは言えず、長期的な目で見るとデメリットもあります。

また、ブリッジにした場合も真ん中の中間の浮いた歯を両側の歯で支え、3本分を2本で支えるため、両側の歯の負担は大きくなります。

人工物をかぶせるというのは永続的なものではありません。セラミックであれば時間が経つと割れるリスクも当然生じます。また、将来歯周病で骨が下がってしまった場合、被せ物のマージン(歯茎近くの境界線、ヘリ)が変化する歯肉のラインと合わなくなって根と被せ物の境目が見えてしまうこともあります。

本格矯正治療では、ご自身の歯を移動するため、仕上がりの制限が少ないです。
歯頸部(歯の歯茎との境目)も揃えることができます。また、人工物がもつのか、などの心配が要りません。

当院でカウンセリングを受けるメリット・・・矯正歯科、審美歯科両方の選択肢があります

もちろん、矯正治療は時間がかかるので、なんとか被せ物で短時間で治したいという方もいらっしゃると思います。歯は削ってしまうと元には戻せませんから、その前に一度は本格矯正治療をご検討いただく価値はあると思います。
当院では、矯正歯科医、一般歯科医両方のドクターが複数在籍しており、相談が可能です。どちらかに偏ってしまうことがありません。もちろん、ご検討頂いた上で、メ リットの大きい治療を選択するこ とが可能です。

当院で治療された場合、矯正治療でも、補綴(かぶせもの)でも医療費控除に申請していただけます。美容歯科(美容外科併設の歯科)で治療を受けられた場合には医療費控除はききませんので、ご注意ください。

矯正治療のメリット

矯正治療では被せ物よりは時間がかかりますが、ご自身の天然の歯をきちんと歯茎の位置もそろえて並べることができます。機能、見た目共々天然歯に勝るものはありません。質の高い治療を受けるには、それなりの時間がかかります。本格矯正治療ではその分、自然で、美しい、長持ちする歯並びを手に入れることができます。

歯が長持ちし自分の歯で長く咬めることは、食べ物を美味しく食べることができ、QOLの向上につながるのではないかと思います。

余談ですが・・・

テレビを見ていると、八重歯だった芸能人の方が被せ物のみで歯並びを治してしている場合、見た目が不自然ですぐわかります。どうしても人工物が1本ですと色合いを合わせるのが難しいため、前歯6本~8本くらい全体を一気にかぶせています。
そして、経年的に何度もやりかえています。
やりかえるごとに不自然になっており、(すみません、矯正医としての職業病ですね。ついつい気づいてしまいます)競争の激しい芸能界で生き残るには、歯の寿命などはもう、引き換えにするのは当たり前なのだなと痛感します。

そのなかでも、天然の歯できれいな歯並びを手に入れている方(朝ドラ出演の女優さんなど・・・)の口元の健康的な美しさは別格だなと感じます。
ある女優さんは若い頃に表側のマルチブラケット装置による矯正治療を受けておられ、矯正装置をつけている状態でファッション雑誌に出ているのを、歯学部の学生当時拝見しました。
最近は女優さんでも若い頃に表側矯正、リンガル(裏側)矯正治療を受けている方も多くなってきました。矯正治療のメリットが理解され、広まってきたのではないかと感じます。



下記のボタンをクリックで各矯正治療ページへにジャンプします。

横浜桜木町歯科ホーム > 矯正医による矯正コラム > 美容歯科と矯正歯科


募集要項
歯科衛生士 求人

(ただいま募集は行っておりません)

助手・受付 求人

(ただいま募集は行っておりません)

関連サイト
東京 歯科求人
▲ ページ先頭へ
Copyright (C) Yokohama SakuragiCho Dental All Rights Reserved.