ワイヤー矯正

wired

ワイヤー矯正について

審美装置(セラミックブラケット)

ホワイトワイヤー

ゴールドワイヤー

小臼歯~小臼歯まで、合計20本見える部分にセラミックブラケットです。目立ちにくい審美ワイヤー(ホワイト、ゴールド)を使用します。

セラミックブラケットの利点

  • 時間が経っても変色しないため、目立ちにくく、非常に審美的である
  • 吸水性がないため、汚れがつきにくい
  • 劣化、磨耗しにくいため、調整がしっかり効く

セラミックブラケットの欠点

  • 比較的高価である
  • 過大な力が加わると割れやすい(逆に、歯に大きな負担がかかりにくい)

審美ワイヤーとは?

審美ワイヤーとは、ホワイトワイヤーもしくはゴールドワイヤーです。
口腔内は暗いため、銀色のステンレスワイヤーは黒く見えて目立ちやすいため、ホワイトもしくはゴールドワイヤーを採用しています。特にゴールドワイヤーはメッキ加工してあるため、歯ブラシでは色がとれにくくなっており、評判が良いです。

プラスチックブラケット

装置の構成

プラスチックブラケット

犬歯~犬歯まで、合計12本の前歯を中心に透明なプラスチックブラケットとシルバーのワイヤーを使用します。

プラスチックブラケットの利点

  • メタルブラケットと比較すると透明で目立ちにくい(コーヒー・タバコ)

プラスチックブラケットの欠点

  • 時間が経つと黄ばんでくる
  • 吸水性があるため、汚れがつきやすい
  • 劣化、磨耗しやすい
  • トルク(歯の角度の調整)が効きにくい

メタルブラケット

装置の構成

メタルブラケット

すべての歯に銀色のメタルブラケットを使用します。シルバーのワイヤーを使用します。

メタルブラケットの利点

  • 吸水性がないため、汚れがつきにくい
  • 劣化、磨耗しにくいため、調整がしっかり効く
  • 比較的安価である

メタルブラケットの欠点

  • 装置が目立つ

ハーフリンガル

装置の構成

ハーフリンガル

上の歯の裏側にブラケットを張るため、笑ったときでも装置が目立ちません。下の歯は審美装置(セラミックブラケット+審美ワイヤー)となります。

ハーフリンガルの利点

  • 上の歯の表側に装置がついていないため、かなり目立ちにくいです
  • 上下裏側(フルリンガル)と比較し安価である

ハーフリンガルの欠点

  • 費用が高価
  • 歯の裏側に装置がつくため、歯磨きがしにくく慣れるのに時間がかかることがある
  • 発音に影響が若干出ます
  • バイトアップをする可能性があり、その時期は食事が取りにくくなることがある

フルリンガル

装置の構成

フルリンガル

上下の歯の裏側にブラケットを貼り、ワイヤーを通します。

フルリンガルの利点

  • 上下とも歯の表側に装置がついていないため、かなり目立たない

フルリンガルの欠点

  • 費用が高価
  • 歯の裏側に装置がつくため、歯磨きがしにくく慣れるのに時間がかかることがある
  • 発音しにくいことがある
  • 治療が表側と比較し長期化することがある
  • バイトアップをする可能性があり、その時期は食事が取りにくくなることがある
▲ページ先頭へ

24時間受付 Web申し込み

無料カウンセリング予約

無料の個別相談(予約制)を実施しております

初回予約専用フリーダイヤル
0120-118-041

平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00

※ お電話での治療に関するご相談は、ドクターによる対応ができないためお受けできません