インプラント歯周病矯正

歯を残すための手段を八方尽くしても残せなかった時にインプラントを行うものだと考えています

横浜桜木町歯科

神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1
クロスゲート7F
メールでのお問い合わせ

インプラントと歯周病

インプラントと歯周病

インプラントも天然の歯と同じように歯周病にかかります。歯周病といっても、インプラントは歯ではないので、正確にはインプラント周囲炎といいます。
歯周病においては、細菌による感染や過度な力によって歯を支えている骨が吸収してしまい最後には歯が抜け落ちてしまいますが、インプラント周囲炎においても同じような現象がおこります。症状がひどい場合、インプラントを撤去してしまわなくてはならない状態になってしまいます。
したがって歯周病が原因で歯が無くなってしまった場合には、歯がなくなってしまった部位にインプラントをただ埋入すれば良い、ということではなくインプラントの感染を防ぐ為にお口全体の歯周病治療が非常に重要となります。
歯周病に罹患した状態では、インプラントの残存率(寿命)が低くなるという報告もあるため、歯周治療によりお口の中の環境を整えた上でインプラントの手術を行うのが理想的です。

インプラントと矯正

インプラントと矯正

成人の方で矯正治療を行う場合、インプラントはもし歯を失ってしまった部位のある方には非常に有効なオプションです。インプラント治療でしっかり咬めるようになるだけでなく、矯正治療後のかみ合せも安定し、また矯正治療中も固定元として使うことで効率的に全体の歯を動かすことができます。
また、矯正治療後に撤去してしまうマイクロインプラントを用いて治療期間を短縮することも可能です。


募集要項

歯科衛生士 求人

(ただいま募集は行っておりません)

助手・受付 求人

(ただいま募集は行っておりません)

関連サイト

▲ ページ先頭へ