部分矯正

partial

部分矯正とは

部分矯正とは、限定された数本の歯だけに装置をつけて動かす矯正治療です。

気になる部分だけ、部分矯正をしてほしいという方は多くいらっしゃいますが実は歯並びや噛み合わせは、1本1本の歯だけでなく、隣り合う歯や噛み合う歯とのバランスを保っています。そのため、全ての歯に装置を付ける全顎矯正と違って、部分矯正は装置を付けている歯と付けていない歯の間に段差ができたり隙間が開いたりすることもあります。一部の歯しか動かないので全体の噛み合わせがくずれてしまうこともあります。
そのため、部分矯正は全ての方に有効な治療法というわけではありません。しかし、一口に部分矯正と言っても、単に部分的に歯並びを良くするだけでなく、歯や被せ物の寿命をのばすような治療もあります。

見た目を揃えるだけではない!部分矯正の大きなメリット

ラバーダム

例えば、被せ物の治療などの前処置としての環境整備、つまり、被せ物を入れる歯の条件を良くすることが可能です。あるいは被せ物を入れようとするときの、噛み合う相手の歯の条件を良くする処置として有効です。
また、部分矯正を行うことによって歯を残したり、神経を取らずに済んだり、歯を削らずに済む場合もあります。当院は総合歯科診療所として、被せ物と部分矯正を併せた質の高い診療をご提案することが可能です。

部分矯正の例

被せ物の噛み合う相手の歯の条件を良くする

例えば、下の前歯の歯並びがガタガタと段差がある場合、上の前歯に被せ物の治療をしようとすると、上下の歯の噛み合わせの点から、上の前歯の被せ物にも段差ができてしまったり、厚みが不自然になってしまったりします。
そこで、部分矯正で下の歯並びを整えておけば、上の歯の被せ物もきれいな歯並びで、形や厚みも自然に入れることができます。

下の写真の方の場合、上の歯の被せ物をそのまま新しくしようとすると、下の歯が一本外に出ているため、上の歯はすでに入っていた被せ物と同じような、裏はえぐれたような形にせざるを得ない状況でした。そのため、下の前歯のがたつきをとるために部分矯正を行いました。
部分矯正後は、下の歯が一本だけ外に出て上の歯に強くあたるような位置関係が解消され、上の前歯の被せ物の裏側の厚みをしっかり取ることができました。

部分矯正をしないままですと、被せ物の一部厚みが薄い状態になり割れやすくなったり、また、厚みを取ろうとして極端に分厚い被せ物になり審美性が低下したりする可能性がありました。

深い虫歯の歯を引っ張る

虫歯が深すぎて残った根が歯茎に埋もれてしまっている場合、歯が歯茎よりも深い位置まで折れてしまった場合などは、部分矯正をしない場合は抜歯を選択せざるを得ないことがあります。そのまま無理矢理差し歯を入れてしまうと、歯茎が腫れて歯周病の状態になってしまい、状況はより悪化してしまいます。

そこで、抜歯となってしまうような歯を矯正力で歯茎の上まで引っ張り上げることで、被せ物を入れることができるようになります。引っ張り上げることで自然と歯を支える骨も増やすことができるため、歯茎などの歯周組織の状態も良くなり、歯を長くもたせる環境づくりが可能になってきます。

傾いた歯を起こす

歯を抜いて時間が経つと、隣の歯が倒れこんでくることがあります。
傾いた歯の内側は清掃性が悪かったり、噛む力がかかりやすく負担になることがあります。傾いた歯に被せ物の治療をする場合、土台となる歯の根は斜めに傾いているのに被せ物の形はまっすぐにせざるを得ないため、その境目の部分で「くの字」に曲がったような形になります。曲がった部分には噛み合わせの力の負担がかかります。

また、被せものをする際に歯を削る量が多くなりやすく中の神経が出てしまうと、神経を取らなければならなくなります。部分矯正で歯をまっすぐに起こして傾きをなおすと、そういった問題を改善することができます。歯の根と被せ物の方向も合わせられますし、場合によっては被せ物の治療自体が回避できることもあります。

▲ページ先頭へ

24時間受付 Web申し込み

無料カウンセリング予約

無料の個別相談(予約制)を実施しております

初回予約専用フリーダイヤル
0120-118-041

平日 11:00~20:00 / 土日 10:00~18:00

※ お電話での治療に関するご相談は、ドクターによる対応ができないためお受けできません