インプラントを用いた重度歯周病治療

治療概要

  • 患者様:40代女性
  • 治療期間:2年
  • 概算治療費:4,000,000円
  • 担当医:Dr.大元

来院主訴

前歯の隙間と、奥歯がないことを気にされて来院されました。

治療計画

奥歯がないことに起因して、前歯が広がり隙間が出来ている状態でした。
全体的に歯周病が見られることから、残っている歯は歯周外科的療法(再生治療)を行い、なくなってしまった部分はインプラントによる咬合回復をする計画にしました。

治療を終えて

根の近くまで骨が溶けてしまっている歯は抜歯をしましたが、奥にインプラントを埋入し噛み合わせを回復することができ、患者様にも大変喜んでいただきました。
なお、歯周病治療は、歯石の除去や歯周ポケットを改善することで、噛む力に耐えられる状態を達成する事が要となります。
奥歯がなくなってしまうと、上の前歯の裏に下の前歯が突き上げ、前歯が開いてくることにより、歯と歯の間に隙間ができてきたり、出っ歯になってきたりします。
また、噛む相手側の歯も伸びてきてしまうので、残すことが難しくなることが多くあります。

症例画像(クリックで拡大します)

治療前
インプラントを用いた重度歯周病治療 治療前画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療前画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療前画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療前画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療前画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療前画像
治療中
インプラントを用いた重度歯周病治療 治療中画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療中画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療中画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療中画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療中画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療中画像
治療後
インプラントを用いた重度歯周病治療 治療後画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療後画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療後画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療後画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療後画像 インプラントを用いた重度歯周病治療 治療後画像

歯周病とは

はじめのうちは自覚症状(痛みなど)がなく進行し、やがて歯が抜けてしまう病気ですので、今まで虫歯がなく歯科から遠ざかっていた方も、大人になったらまずは歯周病の定期検診に行くようにしましょう。

歯周外科的療法(再生治療)の注意事項(リスクなど)

・外科手術のため、手術後は違和感が残ることがあります
・歯周組織再生治療は患者様の状態によって術後の経過が異なります
・見た目が改善しない場合もあります
・自由診療(保険適用外治療)です

当院の歯周病治療の特徴

歯周病で失われてしまった歯槽骨を元に戻す(再生する)のは難しいことですが、当院では特殊な膜を用いたり、歯周組織の再構築を誘導するような物質を用いて、壊れてしまった組織を再生しようという試みも行っています。