感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療

治療概要

  • 患者様:50代男性
  • 治療期間:4ヶ月
  • 概算治療費:120,000円
  • 担当医:Dr.大元

来院主訴

上の前歯の色と形を気にされて来院されました。

治療計画

初診時にレントゲンで確認すると、根尖周辺に大きな病変が認められ根管治療の不十分さが見て取れました。
この場合、綺麗にクラウンを付けたとしても、根管感染の問題で長期的な予後には疑問符がついたため、精密根管治療ののちファイバーコアにて根管系を封鎖し、ジルコニアオールセラミックで審美性の回復を行う計画を立てました。

治療を終えて

治療後のレントゲン写真でも、根尖病変の縮小を確認することができました。

※精密根管治療は銀座しらゆり歯科院長Dr.林による

症例画像(クリックで拡大します)

治療前
感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療前画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療前画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療前画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療前画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療前画像
治療中
感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療中画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療中画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療中画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療中画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療中画像
治療後
感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療後画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療後画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療後画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療後画像 感染根管治療を伴った前歯のセラミック治療 治療後画像

セラミック治療とは

歯が欠けてしまった場合、歯の審美性を回復したい場合、インプラント治療後の被せ物など、セラミック治療により審美性と咬み合わせを回復させる治療です。

セラミック治療の注意事項(リスクなど)

・歯を削ります
・しみる等の症状が出ることがあります
・自由診療(保険外診療)です

根管治療の注意事項(リスクなど)

・根管治療は非常に成功率の高い治療ですが、治療の成否を決める多くの要素があるため、根管治療がなされた後も再治療、外科処置、抜歯などの処置をしなくてはならなくなることもあります
・根管治療中には、器具の破折、穿孔、修復物の損傷、歯の破折、術中・術後の不快症状、術後の痛みや腫脹などの事象が稀ではありますが起こりうることがあります
・自由診療(保険外診療)です

当院のセラミック治療の特徴

・治療時は拡大鏡を使用し、6~8倍に拡大した精密歯科治療を行ないます
・徹底的な仮歯の調整を行うことで、良好な歯茎の状態にします
・技工所と念密な連携で、より良い色と形に仕上がります